SEO対策つきホームページなら売上アップができます。

なぜなら、弊社事業で実証済みのノウハウだからです。

弊社のSEO対策つきホームページに、経営者が喜んでお金を払う7つの理由。

  1. 弊社の長年の経験から、費用対効果が前もってわかるので、ホームページに投資するか否かの判断ができます。

    王道のSEO対策では、コンテンツの質と量が問われます。コンテンツ作成のため、SEO対策の初期費用が、どうしても、高くなります。しかし、その費用に見合う売上や利益が高い精度で予測できたら、どうでしょうか。SEO対策の初期費用を投資するか否かの判断が簡単になります。

  2. もし、投資効果が低い場合、それを改善できるビジネス・モデルの提案力があります。

    投資効果が低い場合でも、選択するキーワードや対象とする顧客を変えたり、インターネットから集客できる顧客に合わせたパッケージを用意したり、そもそも、商品を変更することにより、投資効果の高いホームページにすることができます。というのも、インターネット、特に、SEOでの集客をメインにすると、見込み客数、成約率、競合会社の状況などが数値化しやすく、手に取るようにわかるので、ビジネス・モデルの変更もしやすいのです。

  3. 御社の経営戦略を理解し、それから生まれる強みをLPOの手法で、顧客に提示することにより、高い成約率を得られます。

    LPOとは、Landing Page Optimizationの略で、お客様がセールスページを見た時に、成約率を高める手法です。お客様に対して、効果的に御社の強みや選ばれる理由を説得力あるホームページで提示し、成約率を高めます。当社には、経営戦略を理解できるコンサルタントがいますので、効果的なLPOを実施でます。

  4. SEOを用いた集客は、確実に、安価であるだけでなく、長期的に安定した売上が期待できます。

    SEOを用いた集客は、商品・サービスに興味をもつお客様を優秀なコンテンツで集客します。そのため、流行り廃りが激しい特定インターネット・サービスに依存することはなく、お客様の関心の増減に左右されるだけです。お客様の関心事は大きく変動することはありません。なので、顧客数が安定するだけでなく、長期的に集客が可能です。さらに、優秀なコンテンツで集客するので、広告費がかかりません。

  5. 練られたホームページは御社のビジョンが明確になるので、経営者の言葉が社員に浸透します。

    ホームページで、お客様に自社の情報を伝えるのは、文字情報が主体になります。というのは、画像では何を訴えたいのか明確にわからないからです。文字情報が主体になり、文字情報が多くなると、容易に、お客様は御社から提示する情報で、場当たり的なちぐはぐな対応なのか、それとも統一感を持ったビジョンに裏打ちされた情報提供なのかを感じることができます。なので、ビジョンを明確にする必要があります。明確になると、お客様だけでなく、社員にもビジョンが理解され、経営者の言葉も浸透します。

  6. 情報が整理されホームページは、営業の負担が軽減されます。

    ホームページが充実していると、基本的な情報はホームページから得られるので、営業マンは、毎回、同様な基本的な説明をする事がなくなります。また、非常に多くの商品やザヒースを展開している会社であれば、さらに、効果的です。

  7. ビジュアルを一新し、社員が生き生きしている姿が反映されたホームページは社員もモチベーションを上げます。

    ホームページが綺麗になり、社員がホームページに登場すると、お客様からの反応が良くなるだけでなく、社員のご家族もホームページを見ることで、その仕事ぶりが伝わることで、家族からの評価が高まります。それらによって、社員のモチベーも上がります。

「SEO対策つきホームページ制作」の詳細は、以下のページをご覧ください。

SEO対策つきホームページ制作

サブコンテンツ

このページの先頭へ